プロフィール

経歴(年表)

川崎雄斗の個人史

生まれ〜高校まで

1992年 大阪府生まれ

2000年 大阪府箕面市の小学校に入学

友達に誘われてサッカーを、喘息を克服するために水泳を始める。どっちも小学校最終学年まで励むも、芽が出ず終わる。

2005年 大阪府箕面市の中学校に入学

そもそも「団体競技が苦手だ!」と自分を納得させて個人技の卓球に転職する。チームメンバーに恵まれ、団体戦と個人戦の両方で賞状をもらえてスッカリ没頭する。

2008年 大阪府箕面市の高校に入学

卓球の指導で評判の良い先生がいると言う理由から、高校を決める。部長を務めるもダメダメ。それでもチームメンバーの奮闘のおかげで公立高校では珍しい大阪府ベスト16位になる(本人はこの大会負けっぱなし)。

クラスが国際科だったことや、修学旅行で海外の学生と交流したことが楽しかったこともあり、海外に強く興味をもつ。また、クラスに男が5人と言う不思議な環境だったせいか、人間観察が趣味になる。

大学時代

2011年 兵庫の大学に入学

人間についてもっと知りたい!と思い心理学部に入学。

大学では主に、

1.AIESEC
2.バイト
3.ブログ運営
4.海外活動

を行う。とくに、AIESECと言う国際交流NPOでの活動が楽しくて没頭。海外のメンバーと活動したり、インターンをしたりしているうちに、AIESECの大学支部の代表を務めることになる。

経営の難しさを肌で実感。一生ぶんかと思うほどの挫折を経験し、「仕事とは、好きな人と協力し、誰にどのような価値を与えるか」が重要だと学ぶ。

AIESECと並行して、2011年の頃からブログを始める。バイトがてら始めた電話営業のお仕事では、お金欲しさが高じて正社員を差し置いて営業成績1位になる。

2014年 大学を休学する

海外で働きたいという思いから大学を休学し、インドの縫製工場で約1年働く。

インド人がとにかく働かないことに衝撃を受けながら、仕事のあり方や考え方にもたくさんの種類があることを知る。

勤務時間が11~17時と短すぎたため、他にも何かしたいと海外でもできるクラウドソーシングでの仕事を本格化する。

2015年 大学に復学する

入学を検討している高校生に、学生代表としてプレゼンテーションしたり、人間の心理についての研究を深めながら大学生最後の年を過ごす。

その他にも、いくつかのサービスを立ち上げたりアニメの脚本の執筆を始める。

卒業後

2016年 ベンチャー企業に入社する

ライターとして食っていける状態だったが、「念のために、サービス立ち上げの経験を積みたい」と、ベンチャー企業に入社。

外国人向けカフェの立ち上げや、WEBメディアの立ち上げをする。

しかし、半年も立たないうちに「練習より本番した方が身になる」と思い至って退社。ライターをしながら、ブログやメディアを立ち上げて生計を立てる。

2017年 現在

現在は、メディアを立ち上げたい人や、うまく集客ができない人の相談に乗ったり、フリーランスとして行きたい人のサポートをしながら生活中。

個人の目標は、自作アニメを作ること。

ABOUT ME
Yuto
メディア制作が好きなWEBマーケター。このサイト「Yureka」では、SEO対策や、バズを生む法則、本質的な記事の書き方などWEBマーケティングに役立つ情報を配信中。アニメが大好きで、脚本も執筆しています。