なぜ、ブラックなのか?ランサーズの評判を現役ライターが徹底検証!


ランサーズの評判についてお調べ中ですね。

ランサーズを利用すれば、スキルのない初心者でもアルバイト以上に稼げるようになります。

しかし、「単価が安すぎる。。」「クライアントに逃げられた」など、気になる口コミも見かけます。そのため、本当に使って大丈夫なの?と、不安になる人もいるでしょう。

そこでこの記事では、ランサーズの悪い口コミを徹底検証。その上で、ランサーズを4年以上使ってきた私が、ランサーズのメリットとデメリットを解説します。

ぜひ参考にしてください。

1.ランサーズの総評

ランサーズは、国内最大級のクラウドソーシングサービス。

仕事は幅広く扱っていて、アンケートやデータ入力といった単純作業から、高度なシステム開発まで多岐にわたります。

全体的に使いやすく、スキルがなくても始められるので、初心者でも稼ぎやすいのが特徴。高単価な案件も多いため、フリーランスとして独立したい人にもおすすめできます。

私はランサーズの他にもクラウドソーシングサービスもいくつか使ってきましたが、メインはランサーズに落ち着きました。

1-1.ランサーズを使ってみての感想

正直、ランサーズはスマホでの操作はちょっとやりにくいという欠点があります。

しかし、案件の充実度や細かいサポートを考えると、ランサーズは優れています。

というのも、クラウドソーシングサービスによっては、単価が安すぎる依頼が多くて、十分な報酬を得られる仕事を探すのに手間がかかってしまうことがあります。

その点ランサーズは、案件自体は少なめですが、報酬が高めの依頼が多く集まっている印象があります。

私の場合、フリーランスとして独立するための仕事を探していたので、効率よく好条件の案件が見つかるランサーズをメインに使うようになりました。

なので、スマートフォンで作業する予定の人には、アプリが使いやすいクラウドワークスが向いていますが、パソコンでがっつり働きたいという人には、ランサーズがおすすめです。(もちろん、複数登録するのもOKです。)

1-2.ランサーズはブラック?気になる悪い評判

ただ、ランサーズについて調べると悪い評判が出てくるのが気になりますよね。

私が口コミサイトやウェブ上の記事を読んでいて気になったのは、次の5つの口コミです。

  • 稼げない
  • 特別なスキルが必要
  • クライアントが報酬を払わない
  • 手数料が高い
  • 法的に危ない

これが本当だったら、さすがに使う気を無くしてしまいます。

そこで、ここからはtwitterの口コミを参考に検証していきます。

2.ランサーズの評判を徹底検証

2-1.稼げない

まず、一番多いのは「ランサーズでは稼げない」と言う口コミです。

結論を言うと、未経験者でも10~20万円は稼げるようになります。

ただ、条件の良い案件を取るには実績とスキルが必要なので、最初の1ヶ月は月1万円程度しか稼げないかもしれません。

私の場合、始めたときは「時給50円」くらいの案件からスタートしました笑

当時は、やりたい案件だったので苦ではありませんでしたが今思うと、もう「少し選んだ方がいいのでは?」と過去の自分にアドバイスしたいくらいです。

でも、そうやって初心者の人でも続けていれば自然とスキルが身につきます。その結果、3ヶ月後には月10~20万円は稼げるようになります。

実際、子育て中の人でも、月10~20万円以上稼げている人はたくさんいるのでランサーズで稼げないということはありません。

2-2.特別なスキルや専門知識が必要

ランサーズで稼げる人は、特別なスキルを持った人だけと言われることがあります。

デザインやプログラミングなど、職種によってはスキルが必要です。

しかし、ライターや翻訳は特別なスキルや専門知識がなくても稼げるようになります。

私も未経験でライターを初めましたが、やっているうちにスキルや知識が身につき、単価が上がりました。

現在稼げているライターさんも未経験から始めた人が多いので、特別なスキルは不要だと言えます。

2-3.クライアントが報酬を払わない

クライアントが音信不通になったと言う口コミがあります。

仕事をしたのに報酬がもらえないなら、絶対に使いたくないですよね。

結論を言うと、ランサーズはクライアントが音信不通になってもお金をもらえる仕組みになっています。

これは、クライアントがエスクロー(仮払い)するからです。

このシステムでは、仕事を始める前にクライアントがランサーズに契約金を入金します。

そして、仕事が完了すればランサーズから仕事をした人に、お金が振り込まれます。

そのため、仕事を終えてからクライアントと連絡が取れなくなっても、お金はちゃんと貰えるので安心です。

作業を始めるタイミングに注意!

必ず前払いを確認してから作業をするようにしましょう。

クライアントが前払いをする前に、作業を開始すると持ち逃げされる可能性があります。

2-4.手数料が高い

ランサーズは手数料が高すぎるという意見があります。

ランサーズの手数料は、最大で20%。1万円の依頼を受けても、実際にもらえるのは8,000円になります。

そのため、少し手数料は高めだと言えます。

ただ、ランサーズを使わないで仕事を取ろうとすると、仕事を探したり、請求書を作ったり無駄な作業に時間を取られます

ランサーズを利用すれば、そのような無駄な作業を減らせることを考えると、手数料は妥当だと言えそうです。

2-5.法的に危ない

多くはありませんが、法律に反するような依頼が募集されていることがあります。

よくあるのは、著作権の侵害。

他人の画像や文章を参考にするときは、ルールを守って使う必要があります。しかし、クライアントによっては、画像の無断転用を促すことがあります

「何かおかしいな?」と感じる案件には、応募しないようにしましょう。

2-6.ランサーズの口コミ検証結果!悪い評判を鵜呑みにしないこと

ここまで見てきた口コミをまとめると下記のようになります。

たしかに、最初は稼ぐことができませんが、しっかりとスキルを身につけて実績を積めば、月20万円以上稼ぐこともできます

また、前払いのシステムがあるので、持ち逃げも不可。法的にグレーな案件にだけ注意しておけば、とくに問題はありません。

むしろ、 ランサーズを使うメリットは多いと言えます。

そこでここからは、ランサーズを使ってわかったメリットについて見ていきましょう。 

3.使ってわかった!ランサーズのメリット5つ

私が考えるランサーズを使うメリットは次の5つです。

  • スキルのない初心者でも始めやすい
  • 稼ぎながらスキルを磨ける
  • 好条件の依頼が多い
  • 請求書の作成が不要
  • エスクロー(仮払い)で安心

それぞれ、順番に見ていきましょう。

メリット1.スキルのない初心者でも始めやすい

ランサーズには、未経験の人でも始めやすいのが特徴です。

ランサーズには、初心者向けの案件がたくさんあります。

そのため、全くスキルがない人でも仕事を始めることができます。

メリット2.稼ぎながらスキルを磨ける

ランサーズで仕事をすれば、稼ぎながらスキルを身につけることができます。

クライアントによっては、指導してくれることがあります。

そのようなクライアントに出会えば、稼ぎながらスキルを身につけることができます。

その結果、自然とスキルが身につき、より高単価な案件を受けることができるようになります。

メリット3.好条件の依頼が多い

ランサーズは他のクラウドソーシングサービスと比べて好条件の案件が多い印象があります。

案件の多さで言えば、クラウドワークスというライバルサイトの方が優秀です。

しかし、好条件な案件はランサーズの方が多い印象があります。

これについては、感覚的なところなので根拠をお伝えしにくいのですが、私の周りのフリーランス仲間でもそのように感じている人が多い傾向にあります。

メリット2.請求書の作成が不要

ランサーズなら請求書の発行が必要ありません。

請求書を作るのは結構な手間です。

しかし、ランサーズを通して仕事をすれば請求書を作る必要がありません。

事務作業に追われず、とにかく稼ぐことに集中できるのが大きなポイントです。

メリット5.エスクロー(仮払い)で安心

前半で解説したように、ランサーズならライアントの仮払いを待ってから作業ができるので安心です。

前払いのシステムがないと、仕事を終えたのにお金がもらえない可能性があります。

しかし、ランサーズはクライアントが仮払いしてから、作業を開始するエスクローシステムを導入しています。

そのため、仕事が終わってから報酬が払われないということがなく、安心できます。

4.ランサーズのちょっと残念な3つのポイント

メリットが多いランサーズですが、少なからずデメリットもあります。

  • スマホで操作しづらい
  • 依頼数が少ない
  • 返信の制度が厄介

それぞれ、順番に見ていきましょう。

デメリット1.スマホで操作しづらい

ランサーズはスマートフォンで操作がしづらいです。

画面がところどころPC仕様だったり、添付ファイルが見れなかったり、スマートフォンでの操作は少しやりにくいと言えます。

スマートフォンで主な作業を完結させたい人には、スマホアプリがあるクラウドワークスがおすすめです。

クラウドワークスについては、『クラウドワークスの評判が悪い理由って?ライター歴5年の私が正直にレビュー』の記事を参考にしてください。

デメリット2.依頼数が少ない

ランサーズの依頼は、クラウドワークスに比べて少なめです。

実際に、ライティングの案件数を比較すると、ランサーズはクラウドワークスの半分ほど。

  • ランサーズ   :1,194件
  • クラウドワークス:3,137件

ただ、質の高い案件はクラウドワークスよりも多い印象があります。そのため、パソコンで作業できる人には、クラウドワークスよりもランサーズをおすすめします。

デメリット3.認定ランサーになるための返信の制度が厄介

認定ランサーになるためには、24時間以内に返信する必要があります。

認定ランサーとは、「この人はプロレベルですよ」という証。この証を手に入れれば、案件が取りやすくなります。

認定ランサーになるための条件はいくつかありますが、その中の1つが24時間以内にメッセージを返信していることです。

返信率というのが少しわかりづらいのですが、【相手に返信したメッセージ】のうち、【24時間以内に返信したメッセージ】の割合が80%を超えていることが条件です。

返信したメッセージが基準なので、相手からの問い合わせに返信しなかった場合は、対象になりません。

専業フリーランスの人には問題ないと思いますが、副業の人だとちょっと負担になる可能性があります。

詳しくは、ランサーズ公式サイトの『返信率の定義を教えてください』を参考にしてください!

5.ランサーズは、こんな人におすすめ

口コミではランサーズのネガティブな意見も見られました。

しかし、実際には稼げている人も多くおすすめできるサービスです。

とくに、次のような人にはランサーズがおすすめです。

ランサーズは、スキルや実績が少ない人に向いています

一方で、効率的に稼げるようになるためには少し時間がかかります。そのため、今すぐお金が欲しい人には向いていません

また、スマートフォンで作業したい人には、クラウドワークスの方がおすすめです。ただし、本格的に10万円以上の案件を取るためには、パソコンがあった方が良いでしょう。

ランサーズは、高単価な案件が多い印象があるので、しっかり稼ぎたい人はパソコンを用意してランサーズを使うのがおすすめです。

最後に、ランサーズで稼げるようになるためにおすすめしている3つのステップを解説します。このステップを参考にしてもらえれば、全くの初心者でも3ヶ月も経てばしっかり稼げるようになるはずです。

6.ランサーズで稼ぐために必要な3つのステップ

ランサーズで早くたくさん稼げるようになるためには、次の3つのステップでお仕事を進めるのがおすすめです。

STEP1.タスクで仕事に慣れる

STEP2.プロジェクトで継続案件を取る

STEP3.得意分野で単価をアップを狙う

それぞれ、順番に見ていきましょう。

ここでは、初心者にもっともおすすめなライターを例にします。

STEP1.タスクで仕事に慣れる

ランサーズには、「タスク・プロジェクト•コンペ」の3つの仕事形式があります。

単価が高いのは、プロジェクトです。ただ、プロジェクトを終えると、クライアントからあなたの仕事が評価されます。

悪い評価が着いてしまうと仕事が取りづらくなるので、慣れないうちはタスクから始めるようにしましょう。

タスクであれば、失敗しても評価に傷がつくことはありません

STEP2.とにかくプロジェクトをこなす

タスクでランサーズの使い方に慣れたら、プロジェクトに挑戦しましょう。

プロジェクトはタスクよりも高単価な案件が集まります。

最初の頃は、とにかく実績を積みましょう。プロジェクトをこなすと、あなたのアカウントに評価がたまります。

たくさん良い評価がついているほど、良い案件が取りやすくなるので、プロジェクトをこなして実績をつけましょう

STEP3.得意分野で単価をアップを狙う

ある程度実績がついたら、単価アップを狙っていきます。

単価アップさせるためには記事の質をアップさせたり、ライバルが少ないジャンルを狙うのがポイントです。

まとめ

ランサーズはクラウドソーシングの中で、もっともおすすめできるサービスの1つです。

悪い評判もありますが、実は対策できることばかり。

在宅ワークやフリーランスで働きたい人なら、まずはランサーズを初めてみてください。

このサイト「YUREKA」では、フリーランスで働くために役立つ情報を発信しています。Twitterでは相談も受け付けていますので、もっと詳しく質問したいという人は、@tomo07p15にご連絡ください。


ABOUTこの記事をかいた人

メディア制作が好きなWEBマーケター。このサイト「Yureka」では、SEO対策や、バズを生む法則、本質的な記事の書き方などWEBマーケティングに役立つ情報を配信中。アニメが大好きで、脚本も執筆しています。